きなこ牛乳は牛乳寄稿に効くのか?

牛乳寄稿に効果的な献立や飲料のブームは、昔から絶えることなく広がっていますよね。物覚えに新しいところでいえば、昨年SNSで盛り上がった「きなこ牛乳」。牛乳ときなこ、それぞれに豊富に含まれるタンパク質といったイソフラボンが牛乳寄稿に有効に作用するとして、レシピや感想出稿が多彩見られました。

 

イソフラボンは牛乳寄稿にはたらくマミーホルモンのひとつ、エストロゲンと似た化学構造を持っています。そのため、きなこ牛乳はエストロゲン効力による乳腺への励みで、牛乳寄稿効力を得られる予報はたしかにあります。但し、本当はイソフラボンは実力により、エストロゲン効力が得られる場合と、抗エストロゲン効力が現れる場合の2パターンがあるといわれています。つまり、抗エストロゲン効力が起こった場合、牛乳アップするどころか小さくなってしまうことも考えられるのです。

 

セキュリティは? イソフラボンといった乳がんのゆかり

 

このイソフラボンのエストロゲンの2つの効力には、それほど気になる種目があります。それが、乳がんとのゆかりです。エストロゲン効力が出た場合、乳腺が励みわたることで乳がんの危険が高まる予報が気になるショップ。ただし、抗エストロゲン作用では、逆に乳がんの発症危険を減少させるというニュースが多くあがっています。

 

私も附属始める日本乳癌学会のガイドラインでもその点に触れられていますが、現時点では飯で貰える程度のイソフラボンで乳がん発症の高まりは確認されておらず、まず問題ないと言えるでしょう。但し、高能力のイソフラボン補給が可能な栄養剤の場合、そのセキュリティは証明されていません。このことから、厚生労働省は通常の食べ物での実力から判断して、イソフラボンサプリメントの飲用は、1日30mg以下にとどめることを推奨しています。

 

「牛乳を呑み過ぎると乳がんになる」の真相をリサーチ

 

乳がんといえば、昔から語られているのが、「牛乳が乳がんの危険を決める」というものです。この幻を扱う多くの文章では、マミーホルモンや拡大因子の一種のIGF-1を根拠としてあげています。これらの元凶を多数組み込む牛乳は、乳腺細胞の抑制・増大を刺激するのと同様に、乳がん細胞の抑制・増大を刺激するという見解です。

 

ただし、こちらも乳癌学会のガイドラインによると、乳製品全般或いは牛乳の補給が、乳がん発症の危険を増加させるというニュースはありません。脂肪当たりを手広く組み入れる乳製品が乳がんの発症危険を決めるというニュースはありますが、牛乳の補給って乳がん発症危険を検討した12の追究のうち3目的は、逆に乳がん発症危険の失速を認めています。

関連ページ

ツボ押し法は難しい?
バストアップにツボ押しが良いと色々なところで言われていますが、実際どこをどう押せばいいのかなど理解していないと効果どころか時間の無駄になります。こちらでは、ツボ押し法についてご紹介していますのでどうぞご参考にしてください。
バストアップサプリは危険?
バストアップサプリが危険だという意見が横行する中、各社様々なサプリを販売しています。そもそも、そんなにも危険なものがこれほど多く世に広まるものでしょうか?こちらで見解を述べています。
肩回し運動によるバストアップ
肩回し運動によるバストアップをご紹介しています。一時期すごくブームになりましたが実際肩回し運動でバストアップに成功した人はいるのでしょうか?
乳腺を発達させることがバストアップ成功につながる
乳腺を発達させることがバストアップ成功につながることは様々な専門書に書かれています。ですがどの様にすれば乳腺を発達させることができるのかが、理解していなければバストアップ成功は難しいでしょう。
ママが勘違いしがちな授乳とバストの関係
授乳を母乳でするか粉ミルクでするかでバストの下垂に関係すると勘違いしている人が多いです。実際に母乳をあげるかどうかでその後のバストの下垂に関係してくるのでしょうか?